ルーレットの戦略

さまざまな賭け方で、勝負が繰り広げられる元祖カジノのルーレット。その各賭け方の奥には、さらに深いルーレットの戦略が存在します。

攻略をさらに追求していくことで勝率も楽しみ方も増えていきます。50%の確率で勝てるとされている。マーチンンゲール法を覚えることをオススメします。

マーチンゲール法とは?

  • まずは黒に1ドル賭けてみます。
  • 勝ったら次の勝負でも1ドルを賭け、負けたら次の勝負には黒に倍の2ドルを賭けていきます。
  • また負けたら黒に2ドルの倍、4ドルを賭けていきます。
  • さらに負けたら黒に4ドルの倍、8ドルを賭けていきます。
  • ここまでで、プレーヤーは合計15ドルを賭けています。

この辺りで黒が出れば、8ドルの2倍の16ドルが配当されますので16ドルー15ドル=1ドルの儲けとなります。大きい配当をドカンという方法ではありませんが、必ず勝てる方法としてテーブルプレーヤー達によく利用されている方法です。この方法でいけば、いくら負けが続いていても、どこかで必ず少しでも利益が出るという憶測が適用されます。同じ色に、倍に倍にかけていく方法ですので、覚えるのもそれほど難しいルーレット戦略ではありません。

この方法を利用したからといって、絶対に勝利をあげれるというわけではなく、「運」に基づいた「確率」に視点をおいた方法です。ルーレットそのものが基本的に、「運」と「確率」でゲームが展開されていきますので、利用価値は「大」と言えます。

マーチンゲール法を簡単に説明すると、100回勝負したら半分の確率で当たるはず・・・という考えかたなのです。ルーレットは、基本的に順番に赤と黒が出てくるとは限りません。100回挑戦したらそれが10回か20回かもしれません。もしくは、60回、70回になるかもしれないと、想定不可能なルーレットゲームにおいて、できる限り勝率を上げていくという方法の1なのです。もし、20回連続で黒に賭けたのに赤が出てしまったら・・大負けになる可能性も秘めているということなのです。

オンラインでマーチンゲール法を利用する時には必ず確認!

オンラインルーレットでマーチンゲール法を利用する際には、必ず最小ベットと最大ベットを確認しましょう。上限ベット額を超えなければならなくなった時に、この方法は適用不可となってしまいます。

マーチンゲール法は、少しずつ勝っていく方法です。一気に勝とうとすると、この方法は破壊されてしまう可能性があります。